2007年07月14日

(ご当地キティ)北海道限定愛国から幸福ゆきキティ

ご当地キティ北海道限定!!
aaaaaaaaaaaaaaa.jpg
愛国駅(あいこくえき)は、北海道帯広市愛国町にあった。幸福駅(こうふくえき)は、北海道帯広市幸福町にあった、旧日本国有鉄道(国鉄)広尾線の駅(廃駅)である。広尾線の廃止に伴い1987年に廃止された。駅名の縁起の良さから乗車券や入場券などで有名であり、廃止後も観光地として整備されている
愛の国から幸福駅へのキャッチフレーズで親しまれています。

(ご当地キティ)北海道限定幸福ゆきキティ根付(クローバー)(ご当地キティ)北海道限定幸福ゆきキティ根付(クローバー)
(ご当地キティ)北海道限定幸福ゆきキティ根付(駅長)(ご当地キティ)北海道限定幸福ゆきキティ根付(駅長)
wikipedia参照

「幸福」の由来
もとはこの一帯はアイヌ語で「サチナイ(乾いた川の意)」と呼ばれていた。1897年(明治30年)、福井県大野から集団移住が行われ、入植者によって幸震(震の字を「ない」にあてたのは地震のことを古語で「ない」といった事による)という字を当てられた。それが後に音読みされて「こうしん」となってしまった(1929年に広尾線が部分開通した際には幸震駅が設けられたが、この駅は後に大正駅と改名されている)。その後幸震には福井からの移住者が多かったことにちなんで、集落名を幸福と改めた。あえてこの名を選んだのは開拓の苦しさと無縁ではないという。なお、近くに位置する中札内村も「サチナイ」から転じた地名である。

その後、1956年11月1日、幸福仮乗降場を経て幸福駅が開業した。このころから片面ホーム一面に線路一線の棒線駅で、駅舎と呼ぶには小さな待合室だけの田舎の小駅にすぎなかった。


[編集] 「愛の国から幸福へ」ブーム

「愛国から幸福ゆき」切符記念碑(愛国駅跡設置)
1973年3月、NHKの紀行番組『新日本紀行』において『幸福への旅 〜帯広〜』として紹介されたことから知名度が上昇した。それまでもこの駅は一部の旅人に注目されていたが、片面ホームしか持たず交換すら出来ないこの小さな駅が全国規模で有名になるのはこの番組の放映の後なのである。

周りの駅は相次いで幸福駅までの乗車券を増刷し、幸福駅の周りの商店も入場券の販売をするようになる。この駅が十勝平野のまっただ中、北海道のいわば果てのような場所に位置し旅情があったこともこのブームに火をつける理由となった。特に幸福駅より二つ帯広駅寄りの愛国駅と併せて、「愛国から幸福ゆき」という切符が一大ブームとなる。1974年にはこれを元にした歌『愛の国から幸福へ』(歌:芹洋子)も登場した。前年には7枚しか売れなかった愛国→幸福間の切符が、この年は300万枚、4年間で1000万枚も売れたのだった。観光客が多数訪れるようになり、待合室の内外に利用者が名刺や使用済みの定期券などを記念に残していくようになったのもこのころからである。この時代はちょうどベトナム戦争末期やオイルショック発生など、世相に不安感が満ちていた頃であった。これらの世相が「幸福」を求める人々を後押ししたとも思われる。

隣の大正駅を始めとして広尾線には愛国駅など縁起の良い名を持つ駅が点在しており、これらの駅との間の乗車券も活発に発行された。例えば「大正駅 - 幸福駅」で「たいそう幸福」といった具合である。あるいはそれらの駅相互の間でも「新生駅 - 大樹駅」などの切符が人気を集めた。なお愛国駅の名前は、同地の開拓団が「愛国青年団」を称したことによる。

しかしこのブームも広尾線全体の営業改善にはあまり結びつかなかった。最末期は一日片道6本という同線の便数の少なさもあって、この駅を訪れる観光客自体観光バスやレンタカーを利用することが多かった。同線は1984年に第2次廃止対象特定地方交通線に指定され、1987年2月2日をもって幸福駅は広尾線とともに廃止となる。
posted by レッドソルジャー at 10:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ストラップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 十勝平野十勝平野(とかちへいや)は、北海道東部の台地性の平野。西は日高山脈、北は石狩山地、東は白糠丘陵に囲まれており、南部は太平洋に面している。十勝平野は、北海道の全面積の10%ほどを占め、十勝支庁の..
Weblog: なまら倶楽部
Tracked: 2007-08-07 10:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。